忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/08/23

イベント出展します!(現在のアクセス数 161407 )

こんにちは。
今回はP-CUBEドリームチームの隠し玉、わたくし小森が記事を書かせていただきます。

このチームでは各種デザインを担当してます。一言で言えば“飾り付け担当”とでもいいましょうか。
ロケや取材、編集などには直接関わってないんですが、
出来上がった作品をより栄えあるものにすべく
ロゴのデザインや販促物、このブログをはじめサイトのデザインなど
プロジェクトをとりまくあらゆるツールを制作してます。
このあたりの紹介はまた後日させていただくとして…。

さてさて!
来る28日、というか明日なんですが、このドリームチーム選手権主催の産創館によるイベント

【中国人観光客を商機にするための最新情報・ノウハウが勢揃い!ソリューションフェア】

が、大阪産業創造館 3F マーケットプラザにて開催されます。
P-CUBEも「中国向け映像制作」で企業出展させていただきます!

当日はドリームチームのメンバーやレポーターもおりますので、興味のある方は、是非お越しください!


明日のイベント用のポスターや看板・フライヤーも今回制作しました。


あがって来たポスターを最終チェック中。

ポスターで使用している写真は『ビックリ大阪』など撮影した映像素材を使用。
世はフルハイビジョンでやれ鮮明だやれ高画質だと謳ってますが、紙媒体となると全く別物
フルハイビジョンの映像素材も、このくらいの大きさのポスターで全面出力するとなると
解像度が全っ然足りない。そのへんのごまかし作業でちょっと手間取りました。


こちらはフライヤー。
このくらいだと画像の解像度がほぼ気にならない大きさなんで修正作業は楽でした。
こちらは当日配布いたしますので、お越しの際は是非手にとってご覧ください!



次、撮影の時は是非スチールでも何枚か撮ってくれると多用途で使えるから助かるなあ…!
よろしくお願いしますね、ドリームチームのディレクターさん方♪

 

YouTube内 「ビックリ大阪」コンテンツはこちら
Youku内 「ビックリ大阪」コンテンツはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
中小企業の社内プロジェクト応援企画 「ドリームチーム選手権」に参加しています。
弊社を含む27社が活動記録をまとめたレポートをブログで公開中! 

↓↓ 詳しくはこちら ↓↓

http://www.sansokan.jp/dt/entry.html 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★お知らせ★★★★★
PR

2010/10/27 レポート Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
 
チームプロフィール
 

プロジェクトの概要については
こちらをご覧ください




[左]
●崇(スウ)
担当:ディレクター、リポーター、ブログ管理人
制作部所属。北京からやって来たオタク系中国人。今春入社するや、テレビ番組制作のADを務めながら、海外に関西を売り込む新規事業に参加。以後、大阪は凄い、関西は素晴らしいと中国・台湾に向けてやたらと情報を発信し出す。社内で唯一中国語ができる男として、確たる地位を築こうとしている?
当ブログでは主にスウが進捗状況をレポートする。

[中央上]
●小森
担当:サイト等各種デザイン、SEO対策
CG部所属。社内きってのクールなビジュアル系草食男子。テレビ番組などのCGデザイン業務に携わっているが、制作部スタッフの原稿からすぐさま誤字脱字を発見し、下手な文章も直してくれると言う才能の持ち主で、ドリームチームの中で最も信用されている?

[中央下]
●小山
担当:統括、営業、カメラマン
新規事業部所属。平均年齢の若い会社に突如入ってきたタコ頭系男子。見た目の貫禄とは裏腹に、慣れぬ英語と中国語とWebの恐怖にさらされながら、泣いてしまいそうな自分をハゲましながら、関西の活性化と会社の繁栄を模索している?

[右]
●高田
担当:ディレクター、カメラマン
制作部所属。食う・寝る・太る、三段仕込みのオタク系日本人。特にオタク系を必要とするプロジェクトではないが、以前、大阪日本橋のコスプレアイドルを起用した台湾向けプロモーションビデオを制作した実績を買われて参加。世界に羽ばたく日本のポップカルチャーを底辺で支えてきた彼の感性に、期待がかかっている?
 
 
関連サイト
 
P-CUBE HOMEPAGE


Youtube LET'S P-TUBE CHANNEL


Youtube Let's JAPAN CHANNEL

 
 
カテゴリー
 
 
 
最新コメント
 
[12/03 NONAME]
[11/29 mag]
[11/29 mag]
[11/22 ゆりこ]
[11/12 ゆりこ]
 
 
アーカイブ
 
 
 
RSS