忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/11/25

統括の憂鬱(現在のアクセス数:128295)

次のビックリ大阪の取材アポ、スケジュール組みに奮闘中の我らが統括

しかし今日はいつも一緒の崇がロケ中で不在。
バリバリと仕事を進めてはいますが、どこか寂しそう…
というワケで代打、ヲタク高田でございます。
 
いつも統括の小山と崇のやり取りを草葉の陰から見守っているのですが
毎日見てても中々飽きません。
言葉の壁は乗り越えているように見えるけど時々つまずいてる
 
噛み合ってるようで、微妙にズレてる
このズレ具合が絶妙で、2人のやりとりを聞きていると顔がニヤケてくる
 
これもまた「萌え」なのか…?



ロケに行った崇です。
前の記事でお伝えした通り、兵庫県海外向けPR動画第二弾のロケに行ってきました。
日本の伝統的な高級織物を取材するために、兵庫県西脇市にある「播州織」の工場に向かいました。

着いた瞬間、「うわっ、すごい田舎やなぁ」と思ってしまいました(すいません…)
水と空気がとてもキレイです。
バーバリーが使っている生地が、まさかこんなところで作られているとは思わなかったです。
ビックリ大阪・・・いやビックリ兵庫ですね!

日本の伝統的な織物は本当にすばらしい!!!
特に、坂本龍馬の衣装はビックリするほどカッコよかったです!
ほしかったですけど、「売っていません」だそうです

そして、孫文記念館に行きました~
中国の偉人の記念館が日本にあるということに感動しましたし、周りの景色もめちゃキレイ!
これはイイ動画を作らないといけないと思いながら、頑張っていました!

動画が完成するまで、もうしばらくお待ちください!
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
中小企業の社内プロジェクト応援企画 「ドリームチーム選手権」に参加しています。
弊社を含む27社が活動記録をまとめたレポートをブログで公開中! 

↓↓ 詳しくはこちら ↓↓

http://www.sansokan.jp/dt/entry.html 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★お知らせ★★★★★
PR

2010/10/20 レポート Trackback(0) Comment(2)

COMMENT

こんにちはぁ。

「産経関西」の丁稚です。
統括から漂ってくる加齢臭…あっ間違えた哀愁がなんともええですなぁ。
ブログの見せ方も工夫されてんですねぇ。

丁稚 2010/10/21  11:25 URL EDIT RES

たまには

雰囲気変えて…を言い訳に好き勝手書かせてもらいました。

見に来てくれている方に飽きずに読んでもらえる努力も
動画のアクセスアップに繋がると信じてー

タカタ 2010/10/21  12:44 EDIT RES

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
カレンダー
 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 
 
チームプロフィール
 

プロジェクトの概要については
こちらをご覧ください




[左]
●崇(スウ)
担当:ディレクター、リポーター、ブログ管理人
制作部所属。北京からやって来たオタク系中国人。今春入社するや、テレビ番組制作のADを務めながら、海外に関西を売り込む新規事業に参加。以後、大阪は凄い、関西は素晴らしいと中国・台湾に向けてやたらと情報を発信し出す。社内で唯一中国語ができる男として、確たる地位を築こうとしている?
当ブログでは主にスウが進捗状況をレポートする。

[中央上]
●小森
担当:サイト等各種デザイン、SEO対策
CG部所属。社内きってのクールなビジュアル系草食男子。テレビ番組などのCGデザイン業務に携わっているが、制作部スタッフの原稿からすぐさま誤字脱字を発見し、下手な文章も直してくれると言う才能の持ち主で、ドリームチームの中で最も信用されている?

[中央下]
●小山
担当:統括、営業、カメラマン
新規事業部所属。平均年齢の若い会社に突如入ってきたタコ頭系男子。見た目の貫禄とは裏腹に、慣れぬ英語と中国語とWebの恐怖にさらされながら、泣いてしまいそうな自分をハゲましながら、関西の活性化と会社の繁栄を模索している?

[右]
●高田
担当:ディレクター、カメラマン
制作部所属。食う・寝る・太る、三段仕込みのオタク系日本人。特にオタク系を必要とするプロジェクトではないが、以前、大阪日本橋のコスプレアイドルを起用した台湾向けプロモーションビデオを制作した実績を買われて参加。世界に羽ばたく日本のポップカルチャーを底辺で支えてきた彼の感性に、期待がかかっている?
 
 
関連サイト
 
P-CUBE HOMEPAGE


Youtube LET'S P-TUBE CHANNEL


Youtube Let's JAPAN CHANNEL

 
 
カテゴリー
 
 
 
最新コメント
 
[12/03 NONAME]
[11/29 mag]
[11/29 mag]
[11/22 ゆりこ]
[11/12 ゆりこ]
 
 
アーカイブ
 
 
 
RSS